過払い請求をした場合元本に税金が掛かるか

近年消費者金融を中心にグレーゾーンの廃止により過払い請求をする事が出来るようになっています。つまりは払い過ぎた利息を返還して貰う措置です。一般に5年以上返済を続けている人は過払い金がある可能性があると言われています。過払い請求をする事で、中には元本も帳消しになる事もあるようです。

つまりは利息の引き直しによって元金を減らす事が出来るという事ですが、元本が戻って来た分に関しては課税をされませんが、過払い利息に関しては、他の雑所得との合計額が20万円を超えた分については税金が掛かるという事です。過払い請求によって払い過ぎたお金を返して貰ったら、今度は必要があれば税金を支払う義務を負う事になります。雑所得とは会社で貰う給料以外の収入を言います。サラリーマンの場合には給料以外の収入が年間20万円以上である場合には雑所得として確定申告をしなくてはなりません。

払い過ぎたお金が返還されても、元は自分のお金であった事を踏まえると、源泉徴収をされて得たお金で有る為に、元からあったはずのお金には再び税金を支払う必要が無いという事になります。
グレーゾーンの廃止は消費者金融業者を中心に、貰い過ぎた利息を返還する事で経営状態は圧迫され、中には倒産をしてしまう業者も出て来ています。そういった状況を鑑みて返還される金額は元の金額に対して何割かの金額で和解が成立する事が多いのが現状のようです。従って今後返還をされる場合には税金の支払いを考える必要が無くなってくると予想されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です