不動産売却した時の確定申告で税金が戻ります

不動産を売却するとその利益の金額に対して税金がかかりますから確定申告の必要があります。
しかし、逆の場合であっても税金が戻ってくる場合があります。

不動産売却の際は、利益に対して税金がかかるという点はわかるのですが、その逆の場合に何があるのかと言われがちですが、一定の条件に該当した場合は給与の税金が還付される場合があります。
対象となる不動産売却取引は、居住用の住宅等を売却して、一定期間内に新しい居住用の住宅を住宅ローンを組んで購入した場合というような非常に限定されたケースになっています。
しかし、このような取引は珍しくはなく、案外多くの人が該当しているのです。
とはいえ、知らないということは恐ろしいもので、住宅ローン減税の手続だけをしている人が多いのです。

最近は、税金の還付の申告を忘れていても5年以内であれば遡ってできるのですが、この場合は期限内にする必要があるので、機会を逃すと二度とできないのです。
住宅ローン減税に比べ、かなり大きな恩典のため条件が厳しいのです。

しかし、この恩恵を受けるとマンション売却等による損失を給与の税金から還付してもらうことができるばかりか、還付しきれなかった部分は翌年に繰り越すことができます。
マンションを中古物件として売却すると10年間で大体半額程度に値段が下がりますから、この規定を適用したほとんどの人は2年間無税の生活を送ることができます。

非常に恩恵のある規定なので、マンションを売って買換をする人は忘れないようにすべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です